重要な告知がある時だけメール配信で宣伝する

重要な告知がある時だけメール配信するメリット

メール配信サービスを提供する事も1つの企業戦略になりますが、重要な告知がある時だけメールを送ることのメリットをお話します。重要な内容のメールだけの配信になると、メールの質を高める事が出来ます。メール配信サービスに登録している人は、少しでもお得な情報を収集したいという気持ちが強い場合が多いです。つまり、メールの内容がすべて重要なものばかりですと、受け取る側がどうでもいいような内容のメールがほとんどこないし、貴重な情報を収集することが出来てメール配信サービスに登録して良かったと満足してくれる可能性が高いです。
メールを受けとる人にとって少しでも価値が高いメール配信サービスにするためには、重要なメールだけを送る事は非常にプラスに働きます。

メール配信サービスを続けやすい

重要な告知がある時だけメールを送ることによって、メール配信サービスを続けやすいメリットがあります。なぜ続けやすくなるのかというと、まずは手間がかからないからです。ちょっとしたことでもメールを送るような場合は、一日に複数回メール配信サービスの登録者にメールを送ることになったり、毎日メールを送ったりと手間がかかります。他の仕事が忙しくなったり、人手不足になるとメール配信サービスを続けられない状況になる可能性があります。
また、重要な告知がある時だけメールを送ると受信する人の迷惑にかからないですし、貴重なことだけをお知らせしてくれるという事でメール配信サービスを解約する人が少なくなります。重要度が低いメールが多く来ると受信した人も登録しておく価値がないメール配信サービスだと感じて、解約する可能性が高いです。