何を伝えたいのかを明確にする

メールの最初で結論やターゲットを示す

自分自身が利用者の立場だった時、メールの内容や目的が不明瞭だった場合、最後まで読まないままメールを捨ててしまうことがあるのではないでしょうか。受け取ってはいるものの、配信されてくるメールの内容に、あまり興味を持っていない人は珍しくありません。このため、どういう内容になっているかをいち早く理解して貰うために、結論などを最初に持ってくることをおすすめします。
例えば、学習塾の生徒勧誘のために配信するメールだった場合は、「算数が苦手な人でもできる計算方法」とか「国語で間違えやすい文章問題について」とかをはっきりすることで、ターゲットが限定されて理解しやすくなります。だらだらと文章が続いた後で、「これは自分向けではなかった」と感じさせるとネガティブな印象に繋がるため、メールを開封した直後に、どういう趣旨のメールであるかをはっきりさせるつもりで、文章を構成することが大切です。

タイトルや見出しにもこだわって

メールは基本的に文章で表現することになるため、長い文章をだらだらと続けてしまうと、途中で飽きてしまう可能性が高まります。このような問題を防ぐために、まずはタイトルを見直しましょう。「5分で身につく学習法」とか「じっくり腰を据えて考えてみよう」といったテーマを入れることで、読み手の気持ちを導くことが可能になります。
また、文面が長ければ長いほど、見出しも重要ですので意識しましょう。目次に目を通して全体の文脈を理解する人や、特定の項目だけ読みたいという人にとって便利です。「考え方1」といったシンプルなものにせず、「考え方1間違えやすいポイントを先に理解する」という感じで、小さいテーマを作ると分かりやすくなります。折角、メールを閲覧してくれた人を逃さない工夫を重ねていくことが大切です。

メール配信のサービスを利用することで自社の負担を減らすことができるだけでなく、運営に集中することができるようになり効率よく運用ができます。